海老名市を拠点とした神奈川全域で活動する男性婚活アドバイザーが成婚に導く、結婚相談所エターナルブリッジの末永です。

初対面の時って、とても緊張しますよね。

それがプライベートだとしても、仕事だとしても、やっぱり緊張感があってぎこちなくなったりします。

しかも、将来の結婚相手になるかもしれないと考えれば、余計男性だって緊張するのではないでしょうか。

プロフィールで相手の事は少し分かっていても、実際に初めて会ってお話となると、「自分が相手にどう思われているか」とても気になりますし、女性は初対面はむしろ警戒もしていますし、余計に緊張してしまいますよね。

ただ、男性と女性の会話の違いが理解できてたら、ほどよい緊張感でお相手と向き合って会話ができると思います。

男性と女性の会話の違い

女性と男性では、会話の中でどういうものを重視しているかが少し違うんです。

ご存知でしたか?

いわゆる「男性脳」と「女性脳」の違い、と言われるものですが。

男性は問題解決を意識した「結論」や「アドバイス」を早く知りたがったり、言いたかったりする傾向があります。

一方、女性は「私が話しているの聞いてくれているかな~、興味もってくれてるかな~」を大事にするのです。

例えばこんな感じです。
「○○さん咳しているけど、大丈夫ですか?」男性

「はい。昨日、帰宅途中に急に雨が降ってきて、びちょびちょになっちゃいました」女性

「じゃ、いつも折り畳み傘をバッグに入れとくといいよ」× 男性 ※そんなことわかっています。

「そうだったんですね~、それは大変でしたね」○ 男性。

「自宅までは遠いのですか?」○ 男性。

「駅からそんなに遠くないから、急いで帰りましたよ」女性。

「そうだったんですか」○ 男性。※少し困った表情で

「家帰ってから、直ぐにお風呂に入ったんですけど、少し、風邪気味なんですよね」女性。

「そうだったんですね、最近、風邪が流行ってますしお大事にしてくださいね。」○ 男性。

男性は、女性が一生懸命話していると、何か問題に対して、アドバイスを求めていると認識してしまうものです。

「こういう風にしたら」とか、解決策の話をしてしまうと「上から目線」になってしまうこともしばしば・・・。

言われた女性は

「は?なんでそんなこと言いだすの?私は聞いてほしいだけなのに」

となってしまう。

男性は女性がやりがちな“取りとめがない話”に、ついつい「結果はどうなの?」とか「何が言いたいの?」と思ってしまうことがあるのではないでしょうか

反対に、女性は「結論」や「アドバイス」よりも、その話の中の「出来事」や「感情」を話したい、「共感してほしい」傾向が強いのです。

女性が話しているときは、こうしてみましょう。

「そうなんだ~」
「それは大変だったね~」
「辛かったね~」

とまずは顔をみて、共感」したり、うなずいたり、あいづちをしてみましょう。

女性は、自分の気持ちを少しでも分かってもらいたいのです。

「共感」・・・相手の感情や立場になる

女性にとって、これはとても大切なキーワードなんです。

会話の違いは、

男性は「結論」「アドバイス」
女性は「共感」「出来事」「感情」

だと覚えおくといいと思います。

女性は、単に「聞いてほしい、会話を楽しみたい」と意識が高く、フィリーングが合うか見ています。

かといって

顔の表情が無表情だったり
・無反応だったり
・興味や関心がなさそうだったり
・良かれと思いどんどんアドバイスしてくると、もう話をしたくなくなってしまうのです。

う~ん、なかなか難しいですよね。

こういった女性の特性をあらかじめ理解しとくと、徐々に上手に対応できるようになってくると思います。

聞き上手の男性は、会話中に「あいづち」「うなづき」「共感」が自然に出来てしまうので、女性も話していると楽しくなって、心地よくどんどんお話しが弾んでいきます。

ここで分かることは、女性の話にあいづち、うなづいたり、共感していけば自然と話を聞いているという態度が示されていて、初めて会った女性も少し、警戒心が和らぎ、安心感を与えることができるのです。

女性とおしゃべりをするときは、これ!

もう一度言いますね。

「そうなんだ~」
「それは大変だったね~」
「辛かったね~」
と、共感してあげましょう。

その後にアドバイスする発言やそれは違うと思うよという否定的(首をかしげる)ようなことは避けて、「結論を急ぐのではなく、質問で返せば」、会話は弾むのではないでしょうか。

その先に進んでも第一印象での会話がバッチリであれば

「○○さんと一緒に居ると楽しい」
「○○さんの前だと、私は自然体でいられる」
「○○さんは私のことを分かってくれた」

という印象となり、フィリーングがあって、女性の心に残りやすいという傾向があります。

初対面は焦らなくていいんです

ここを上手く理解できていない男性は、まだ信頼が築けていない関係なのに、色々と聞いておかなければ不安になってしまいがちです。

例えばお見合いの席で、お相手の女性にこんなことを尋ねてしまいます。

・どれくらいお見合いをしているのか?
・どうしてお綺麗なのに結婚しなかったのでしょうか?
・これまでお付き合いした交際人数はどれくらいですか?
・子供はほしいですか?
・結婚したらお仕事はどうしますか?

など、お相手に興味があるがゆえに、初対面の方なのに、ついあれこれと突っ込んだ質問をしてしまったりするのです。

いきなりそんな質問から入られたら、お相手の女性はどう思うでしょうか?

当然のことながら、そんなことをいきなり聞くと女性は引いてしまいますし、あなたのイメージも印象も悪くなることは間違いありません。

「デリカシーがない」
「無神経」
「自己中心」

といった最悪の印象になってしまい、もう一度会えるような感情にはなりません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

男性はどうしても主張してしまうこともありますが、女性と会話するときの心理を理解しましょう。

先ほどの例のように、初対面で突っ込んだ質問をすることはNGです。

その行為自体が、お断りされる理由の一つだということを、理解してくださいね。

この手の深めの質問は、もっと親しくなって、信頼関係ができて、お相手の女性が自分に好意を持ってくれたら、十分できますから。

初対面の時から、焦って聞かなくてもいいんですよ。

初対面の段階では、女性の警戒心を緩めてあげられるのように共感してあげて、突っ込んだ質問は、信頼関係ができてからでも遅くありません。

お見合いは「雑談や無駄話でもいいから、二人の時間を楽しむ」ことが大事です。

女性は会話のテンポが合うかどうかでフィーリングをみています」、そのフィーリングを凄く重要視しているのです。

会話→共感→会話のテンポ=フィーリング。

少しずつ距離を縮めて、歩み寄っていきましょう。

笑顔で相手を楽しませること努力していきましょう。

そうすれば、きっとその先にステキな未来が見えてきますからね。

婚活者さんを応援しています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
30代~40代、これから始めたいとお考えの方、過去に一度婚活をやったことがあるけど、ご成婚できなかった婚活者さんをサポートさせて頂いております。

エターナルブリッジでは、無料個別婚活相談を承っております。

婚活相談について

↓↓↓

詳しくはこちら

※無理な勧誘は一切行っていません。


婚活相談は問合せフォームよりお願いします!
↓↓↓
こちら

活動エリア
↓↓↓

横浜市/平塚市/鎌倉市/藤沢市/茅ヶ崎市/厚木市/海老名市/横須賀市/小田原市/逗子市/三浦市/秦野市/大和市/伊勢原市/座間市/綾瀬市/相模原市/神奈川全域/東京都内

どうぞ、お気軽にお問合せください。

 

※エターナルブリッジは日本結婚相談所連盟IBJ、正規加盟店です。

宜しかったら、ポチッっとしてくれたら励みになります。

↓↓↓


婚活ランキング
↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

こちらからもどうぞ
↓↓↓

友だち追加