海老名市を拠点とした神奈川全域で活動する男性婚活アドバイザーが成婚に導く、結婚相談所エターナルブリッジの末永です。

 

お見合いをしてお二人が「またお会いしたいな~」となれば交際が成立します。

 

初回のデートは、お見合いをした日からなるべく間を空けずに1~2週間くらいで初回デートに入ります。

 

それがトントン拍子にデートを重ねると、真剣交際を意識することになります。

 

会員様によってそれぞれ真剣交際のタイミングは違いますが、結婚相談所ではお見合い日~3ヵ月が原則交際期間となりますので、デート回数は6~7回、交際から1ヶ月~2ヵ月が目途になってくるでしょう。

 

真剣交際に入るときは男性から
私と結婚前提にお付き合いをしてください
私と真剣交際に進んでくれませんか
と告白をします。

 

そこで女性からも「はい、よろしくお願いします」快諾されれば真剣交際に入ります。

 

真剣交際に入ってからの基本的な流れとして

結婚生活の擦りあわせ

男性のご両親にご紹介

プロポーズ

女性のご両親にご挨拶

ご成婚退会
これが基本的な流れとなります。

結婚生活のすり合わせ

これからの結婚生活に向けて、二人が「歩みより」「許し合い」「尊重し合えるか」「受け入れることができるか」をすり合わせ期間だと思っていいでしょう。

そして、以下のようなことを二人で話し合っていきます。

新居について
💛どの辺りに住みたいのかや間取り、具体的なエリアや駅名とその理由

💛二人の住む場所のイメージ、賃貸マンション、戸建て購入にするのか
※早い方ですと、二人でイメージした場所の不動産屋に見学にも行っています。

仕事について
💛これからの仕事は共働きになるのか、専業になるのか
💛妊娠、出産後の仕事はどうするのか育児に専念したいのか、働きながら子育てをするのか

家事や育児について
💛家事の分担はどうするのか、自分がメインなのか半分づつなのか
💛育児の分担はどうするのか、自分がメインなのか半分づつなのか

休日について
💛休日のイメージや二人の時間をどう過ごしていくのか

金銭感覚について
💛お金の管理はどうするのか、妻に口座を預けてお小遣い制にするのか、個人で管理するのか
💛将来のための貯蓄はどうするのか、するならどうやってするのか
💛奨学金、住宅ローン・車など借入金があるかないか、あればいつ頃返済予定になるのか
💛毎月の生活コストはどうするのか、住居費、食費、光熱費などをあらたな口座を開設するかしないか

子どもについて
💛子どもはほしいのか、ほしいのであればいつごろほしいか、授からなかった場合は不妊治療も視野にいれるのか
💛子どもは大学までいかせたいのか、元気ならそれでいいのか

家族について
💛二人の両親のこと、どういう両親なのか。

結婚式について
💛結納をするのかしないのか
💛婚約指輪はほしいか、いらないのか
💛結婚式はどうするのか、式をするならどんなイメージがあるのか
💛ハネムーンはするかしないか、もしハネムーンをするならどういうイメージがあるのか

これからのスケジュール
💛ご両親にご挨拶する日はいつにするのか
💛入籍はだいたいいつ頃にするのか
💛入居の時期はいつ頃にするのか

価値観(考え方)
💛これからやりたいこと
💛これだけは譲れないこと

💛相手にしてほしいこと、してほしくないこと
💛自分が心配していること、相手が心配していること

ここで大切なことは自分の考え(価値観)と違ってもお相手の考え方に耳を傾けて、相違があった場合はなぜそう考えているのかを聞きながら、すり合わせをしていきましょう。

 

大まかでもいいのでしっかり、二人で話し合いましょう。

 

一つ一つ、どうやって課題を解決していくか、それをどう二人で乗り越えていくかが大切です。

 

ただ、真剣交際中にお会いした時に大切な話ばかりしてもつまらないので、数回に分けて話をするのが良いと思います。

男性のご両親に紹介

真剣交際に入ったら、自分のご両親に男性も女性も事前に「今、交際相手がいること」を伝えときましょう。

 

そして、状況をみて男性から「私の両親に紹介したいけど、どうかな?」と話を切り出しましょう。

 

そして、日程を調整して男性の両親にお会いして紹介していきます。

 

男性の両親に紹介にも理由があって、男性の家庭が保守的だと「なぜ、女性のご両親の先に行くの?」と機嫌を損ねてしまう可能性があるからです。

 

こちらもしっかり二人で話し合って、最善を尽くせばいいでしょう。

 

女性は訪問時に失礼のない服装で、手土産をお忘れずに行きましょう。

プロポーズ

男性は花束や婚約指輪などを用意して、素敵なムードある場所で「一生に残るプロポーズ」をされてくださいね。

 

私は結婚とは「二人で幸せを築き上げてあげていくもの」だと思っております。

 

「この人なら喜びも苦労も分かち合える」と思えるパートナー探しです。

 

男性がプロポーズする時も

 

幸せにします!結婚してください

 

もいいのですが

 

これから二人で幸せを築いていきましょう!、結婚してください」の方が私はしっくり来ると思っています。

女性のご両親にご挨拶

こちらは男性のご両親に紹介の後でもいいかもしれません。

 

その後にプロポーズでもいいと思います。

 

ここでも事前に女性から「どういうご両親なのか」をしっかり聞いた上で訪問されるといいでしょう。

 

男性はスーツにネクタイを着用して、手土産を持参しましょう。

 

男性は女性のご両親にご挨拶されることは本当に緊張しますし、上手に話せないかもしれません。

 

それでも誠意をしっかりとアピールすれば大丈夫です。

真剣交際直後なら

真剣交際に入ったあとで挨拶に行かれる方は「○○さんと交際させていただいている〇〇です」とご挨拶しましょう。

プロポーズ直前なら

プロポーズ直前に行かれる方は「結婚を前提にお付き合いしている〇〇と申します」とご両親に伝えた方がいいでしょう。

プロポーズの後なら

プロポーズ後に結婚の許しをもらいに行かれるなら「○○さんにプロポーズをして受けていただきました。○○さんと結婚したいと考えています」という感じにしっかりとご両親に報告して、了承を得るようにしましょう。

 

プロポーズ前後でも内容は変わってきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

真剣交際はお相手と1対1で、将来に向けて二人で向き合い、お互いの将来の事を話し合う最も大切な期間です。

 

しっかり話し合っていきましょう!

 

ご両親の紹介やご挨拶のタイミングは人それぞれです。

 

女性のご両親へのご挨拶はプロポーズ前でも、後でもマナー的には問題はないようですが、お互いのご両親の環境考え方なども、事前に二人で共有してベストなタイミングを選択すればいいと思います。

 

結婚相談所は一般的に、プロポーズをされてお二人の合意が得られたら「成婚退会」となりますが、プロポーズ後に女性のご両親にご挨拶をされてからとしても、柔軟に対応しようと考えています。

 

真剣交際は大切な時間でもありますが、ご縁があって関係を構築され楽しいデートを重ねてきました。

 

1日は真剣なお話をしたり、1日はいつも通りに楽しいお話をしたりしてあまり詰め過ぎないことも大切です。

 

人は完璧ではありません。

 

良いことも良くないことも当然ありますから、そこを「受け入れる」ことができるか。

 

「○○さんとだったらこの先、二人で困難があっても乗り越えることができるか」が結婚してからでも大切ではないでしょうか。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
幸せな結婚式30代~40代、これから始めたいとお考えの方、過去に一度婚活をやったことがあるけど、ご成婚できなかった婚活者さんをサポートさせて頂いております。

エターナルブリッジでは、無料婚活相談(ZOOM、電話、メール、LINE)を承っております。

婚活相談について

↓↓↓

詳しくはこちら

※無理な勧誘は一切行っていません。


婚活相談は問合せフォームよりお願いします!
↓↓↓
こちら

活動エリア
↓↓↓

横浜市/平塚市/鎌倉市/藤沢市/茅ヶ崎市/厚木市/海老名市/横須賀市/小田原市/逗子市/三浦市/秦野市/大和市/伊勢原市/座間市/綾瀬市/相模原市/神奈川全域/東京都内

どうぞ、お気軽にお問合せください。

 

※エターナルブリッジは日本結婚相談所連盟IBJ、正規加盟店です。

宜しかったら、ポチッっとしてくれたら励みになります。

↓↓↓


婚活ランキング
↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

こちらからもどうぞ
↓↓↓

友だち追加